C1

Details

クリアでオープンな高音

C1はbeatingとしては初めてスタンダードな背面ホール構造を採用しました。低音のパワーを重視しタイトな音作りを行っているC5と比べ、C1は軽さを感じさせるオープンでパーカッションらしい音を志向していると言えます。また、バズ感を強めるとチープになりがちな高音部も、耳触りの良い適度なバランスに仕上げています。

高さを抑えたコンパクト設計

一般的なカホンの高さが500mm程度なのに対し、C1は457mmと低めに設計されています。この43mmの差は、演奏のしやすさに大きく影響します。両足が地にべったりと付き腰の位置が低くなると、姿勢が楽になり演奏に集中しやすくなるからです。また、持ち運びにも適していると言えます。

主な仕様

寸法:W298 x D302 x H457 mm
重量:約3.5Kg
胴体:共芯シナ合板、天然浸透性オイルフィニッシュ
打面(表):共芯シナ合板、突板貼り、天然浸透性オイルフィニッシュ
特徴:背面ホール構造、響き線4本

定価:オープン価格 (直販価格:¥39,800)
→Konohazuk STORE(公式)で購入する