C5

Details

底面ホール構造 & 360°打面

C5はオーディオ用のスピーカーやサブウファー等で用いられている低音増幅原理を採用しました。一般的なカホンではホールは背面もしくは側面に配置されていますが、C5は底面に配置することで低音の放射効率を高めています。低音は壁や床に沿って流れるように進む性質があるため、床にぶつかった低音は開口部から前方向へ放射され、より密度の高いパワフルな低音となるのです。また底面ホール構造の副産物として、C5は360°すべての面を叩くことができるようになりました。

8本の響き線

C5が響き線を8本採用したのは、単純にバズ感を強めるためではありません。そっと叩いてもしっかりと反応する繊細さ、レスポンスの良さを実現するためです。微妙な強弱や叩き方の違いを細かく読み取ることは、より多彩な表現に繋がります。

主な仕様

寸法:W298 x D302 x H500 mm
重量:約3.5Kg
胴体:共芯シナ合板、マットブラック塗装
打面(表):共芯シナ合板、突板貼り、ウレタン塗装
打面(裏):共芯シナ合板、マットブラック塗装
特徴:底面ホール構造、響き線8本

定価:オープン価格 (直販価格:¥59,800)
→Konohazuk STORE(公式)で購入する